クロスバイク初心者のためのサイトです

初めてのクロスバイク

クロスバイク用品 基本

クロスバイクで本体以外に必要なアイテムリスト一覧

投稿日:

クロスバイクは本体を購入しても必ず必要なものがついていない場合があります。それ以外にもあると便利なもの含めてクロスバイクに必要なアイテムをまとめましたのでご覧下さい。

 

必ず必要なもの

ライト

夜間走行時、ライト(前照灯)は法律で取り付けが義務付けられています。初めからついていないクロスバイクもあるので乗り始める前までに用意しておきましょう。ちなみに標準でついているライトは基本的に暗めのライトが多く使用環境によっては買い換える必要がある場合もあります。

費用:2000円~

ベル

ベルもライト同様、法律で取り付けが義務付けられています。大体のクロスバイクは最初から付いていますが付いていない場合は購入の必要があります。

費用:500円~

空気入れ

クロスバイクのタイヤはフレンチ(仏式)バルブと言われる通常のシティサイクルとは異なる形状のバルブ(ママチャリなどは英式バルブが主流)がついているので仏式用の空気入れ(フロアポンプ)が必要となります。またタイヤには適正空気圧の範囲で空気を入れるので空気圧が計れるメーターが付いている空気入れを購入する必要があります。

費用:2500円~

盗難防止用の鍵も必ず必要です。種類が豊富で値段も幅も大きいですが最低でも2000円以上する鍵を使用することを推奨します。

費用:2000円~

六角レンチセット

アーレンキーとも呼ばれますが六角レンチは非常に使用頻度が高い工具です。特に最初はサドルの調整を頻繁に行いますがこれは六角レンチで行いますので無いと不便です。他にもブレーキの調整など使用頻度が高い工具なので1セットは必ず必要です。ちなみに100均でも売っていますがトルクをかけるとすぐに壊れるので(実体験)メーカー製のきちんとしたものにした方がいいです。

費用:1000円~

 

あると便利なもの

テールライト

法律的にはリフレクターが装着されていればOKですがテールライト(尾灯)があると格段に後方からの視認性が上がり安全性が向上します。夜間走行が多い人にとっては必須アイテムと言えるでしょう。

費用:1000円~

サイクルコンピューター

通称サイコンは自分の走っている速度、距離、時間、ケイデンスなどを計れる装置のことです。今どのくらいのスピードで走っているか、ここまでの距離はどのくらいかなどを確認しながら走行すると走ることが格段に楽しくなります。サイクリングを趣味にしたい人には必須アイテムでしょう。

費用:2000円~

スタンド

クロスバイクには自転車を自立させるスタンドが標準でついていないものもあります。スタンドが無いと止める場所が限定され特に街乗りでは不便になるので基本的には必要でしょう。

費用:1000円~

メンテナンススタンド

自転車のメンテナンスをする時に本体を浮かせるように使用するスタンドです。特にチェーンの掃除をする際はペダルを回しながら掃除すると効率が良いので文字通りメンテナンスをする時にあると便利な道具です。

費用:1000円~

ヘルメット

法律で義務付けられてはいませんが万が一の時の為にヘルメットをしておいた方がいいのは言うまでもありません。特に長距離サイクリングや通勤などで毎日ある程度の距離を走る人にはヘルメットの装着を推奨します。

費用:2000円~

パンク修理セット

パンクした際に対応するセットです。内容としてはタイヤを外すためのタイヤレバー(500円)と換えのチューブ(1000円)、携帯空気入れ(1000円)があればもし出先でパンクをしてしまってもその場で対応することが出来ます。長距離を走る人にとっては必須のセットになると思います。

費用:2500円~

サドルバッグ

上記で紹介したパンク修理セット等を入れておくバッグです。他にも携帯や財布などを入れることも出来るのであると便利なアイテムです。

費用:1000円~

ボトルゲージ

クロスバイクのダウンチューブに取り付けて飲みものなど入れておけるゲージです。サイクリングをする際にここに飲み物を入れておくと水分補給がスムーズに行えます。それ以外にもボトルの中に工具やパンク修理セットを入れておくという使い方も出来ます。

費用:1000円~

サイクルグローブ

サイクルグローブは地面からの振動を抑える、転んだ時に手を守る、グリップ力を向上、寒さを防ぐ、など様々な役割を果たします。僕の場合は特に手の疲れ防止にかなり効果があったので今はサイクルグローブは無くてはならないアイテムになりました。

費用:2000円~

パーツクリーナー

自転車本体やチェーンを掃除する時に一本は持っておきたいクリーナーです。汚れを定期的に落とさないと見た目もさることながらパーツの劣化速度も速まります。

費用:300円~

チェーンオイル

クロスバイクのチェーンは定期的な注油が必要となります。チェーンが汚れてきたら掃除、注油を同時に行いますので基本的には持っておきたいアイテムです。

費用:500円~

自転車カバー

屋外に駐輪するのであれば雨風を凌ぐ為にカバーは必須です。またカバーをすることで防犯性を高めることにも繋がります。

費用:2000円~

まとめ

今回クロスバイク本体以外に必要なものをまとめましたが、とりあえず必ず必要なものは乗り始めるまでに揃えるようにし、後は必要を感じたら買い足していけばいいと思います。

また人によって必要なものは変わってくるので迷うことがあれば購入店のアドバイスを聞くのも良いと思います。

-クロスバイク用品, 基本

Copyright© 初めてのクロスバイク , 2019 All Rights Reserved.