クロスバイク初心者のためのサイトです

初めてのクロスバイク

基本

クロスバイクとロードバイクの比較!どこが違うのかポイントを解説

投稿日:

 

クロスバイクとロードバイク最初にどちらを買おうか迷う人は多いと思います。そこでクロスバイクとロードバイクの違いを簡単にまとめてみました。使用目的によってどちかを選択するか変わってきますので参考にしてみて下さい。

 

値段の違い

基本的にはクロスバイクよりロードバイクの方が値段が高い傾向があります。一口にクロスバイクと言ってもグレードによって値段は大きく違いますが初心者用のグレード帯で比較してもクロスバイクは5万円程度からで一方ロードバイクは10万円程度からが主流です。

 

ハンドルの違い

ロードバイクはその最大の特徴とも言っていいドロップハンドルが採用されています。クロスバイクはフラットバーなのでロードバイクの方が前傾を深く取る姿勢となりスピードは出しやすくなります。反面、フラットバーの方が頭を起こした所謂アップライトの姿勢で乗りますので視野の確保や呼吸が楽に出来るというメリットがあります。

 

ジオメトリの違い

ジオメトリは自転車のフレームの寸法図で、ジオメトリの違いが乗り味に大きく影響します。ロードバイクのジオメトリは基本的には乗った時に前傾するように作られているのでクロスバイクに比べるとハンドルが遠い設計になっています。より速さを求め競技性に特化した作りがロードバイクということになり、クロスバイクはシティサイクルとロードバイクの中間くらいの姿勢になります。

 

タイヤの太さの違い

クロスバイクの方がロードバイクよりも太いタイヤを履いている傾向があります。細いタイヤの方が路面抵抗が少なくスピードが出しやすいです。クロスバイクは太目のタイヤが標準でついていますがパンクがしにくく乗り心地が良いことが特徴です。但しタイヤは後から好みの太さに変更が可能なので慣れたらタイヤを変えることで好きな乗り心地にすることが出来ます。

 

リアエンド幅の違い

エンド幅とは後輪を取り付けるフレームの幅ことです。現在主流となっているリアエンド幅はクロスバイクとマウンテンバイクが135mm、ロードバイクが130mmとなっています。それによって何が違うのかと言うとつけられるホイールもその幅用のしかつけられないということです。

つまりエンド幅135mmのクロスバイクを購入しホイールを変えようとしてもロードバイク用の130mmのホイールは基本的にはつけられないのです。ホイールはカスタマイズの重要箇所ですが現状クロスバイク用のエンド幅135mmホイールは選択肢が非常に少ないです。

例外としてエンド幅130mmのクロスバイクも売られているので将来的にホイールのカスタマイズも考えている人はエンド幅130mmのクロスバイクを選択することでこの問題を解消出来ます。

 

重量の違い

モデルにもよりますが一般的にクロスバイクよりもロードバイクの方が軽い傾向があります。この違いはフレームやコンポーネントのグレードの差によって生まれています。クロスバイクは軽いと言われるモデルで10kg程度、一方ロードバイクは8kg程度で軽いと言われるモデルとなっています。

 

盗難に狙われやすいのはどっち?

スポーツ自転車は盗難に非常に狙われやすい自転車ですが特にロードバイクは目をつけられる場合が多いです。ついているパーツや本体が高価なため中古で高く売れるからでしょう。一方クロスバイクはじっくり見ないとグレードがわかりにくいモデルが多くロードバイクよりは盗難にあう確率は低いです。(もちろん状況によりますが)

 

どちらを選ぶかは使用用途や目的によって変わってくる

クロスバイクに向いている人

クロスバイクに向いている人は以下のような目的がある人です。

  • 通勤、通学に使用したい
  • 前カゴをつけ買い物や近所のちょっとした移動に使用したい
  • 盗難をなるべく避けたい
  • 近所をまったりと走り軽い運動をしたい
  • 街中でも浮かないスタイルで軽快に走りたい
  • 乗り心地とスピードを両立させたい

ロードバイクに向いている人

ロードバイクに向いている人は以下のような目的がある人です。

  • とにかく自転車の速さを体感したい
  • 長距離、長時間のサイクリングをしたい
  • レースやサイクルイベントに参加したい

クロスバイクとロードバイクの違いまとめ

最後にざっくりとクロスバイクとロードバイクの違いをまとめます。ロードバイクは速さを重視した競技性の高い自転車である一方、クロスバイクはスポーツ自転車でありながらカジュアルな部分もあるとっつきやすい自転車であると思います。

どちらかを選ぶのかは自転車で何をしたいかによって決まるのでしょう。運動メインでサイクリングロードや山道をガンガン攻めたいという人はロードバイク向きで、通勤通学や近所の買い物にメインで使うような場合はクロスバイクの方が適していると思います。

-基本

Copyright© 初めてのクロスバイク , 2019 All Rights Reserved.